こんにちは!
東京都墨田区を拠点として、東京都などを中心とした各地域で、外壁塗装工事や雨漏りの工事を請け負っている株式会社N-TECHです。

塗装の劣化は、外観を損なうという意味で大きなデメリットとなります。
しかしそれ以外にも、もっと深刻なデメリットがあることをご存知ですか。

その深刻なデメリットは、塗装の劣化からくる水と雨漏りによって引き起こされます。

まずはどうやって塗装の劣化が浸水や雨漏りになるのかについて簡単にお話ししてから、深刻なデメリットについてご説明します。

外壁の劣化から雨漏りまでのメカニズムとは


新築の建物は外観も美しく、防水効果も万全ですし無駄な隙間もありません。

経年によって塗装の劣化が進むと、モルタルなどの壁ならばクラックと呼ばれるひびになりますし、サイディングならばボードが反ったり、つなぎ目などを埋めるシーリング材が劣化したりして隙間が生まれます。

クラックや隙間から浸水し、溜まりに溜まった水が限界を超えたとき、家の中へと滴り落ちてくることになるのです。

では雨漏りが引き起こす深刻なデメリットとはなんでしょうか。

深刻なデメリットとは


建材の腐食
溜まった水は住人が気づかないうちに建材を腐食していきます。

また湿った環境が好きなシロアリの温床となってしまい、住人が気づかないうちに家の基礎をボロボロにしてしまいます。

建材の腐食やそれによるシロアリ被害は、深刻なデメリットのひとつです。

壁のカビ
溜まった水が家の中にまで影響を与えはじめると、まず壁紙のシミや汚れとなって表れます。

見た目が悪いことよりも、カビなどの発生によって引き起こされる住環境の悪化のほうが深刻なデメリットだといえます。

このような住環境の悪化によって、シックハウス症候群を発症するケースもあるほどなのです。

このように家の健康だけでなく住人の健康までも害してしまう原因になりかねない雨漏り。

雨漏りを未然に防ぐためにも、定期的な外壁塗装やメンテナンスをおすすめします。

外壁塗装や雨漏りの工事は株式会社N-TECHまで!


雨漏り工事や外壁塗装のことなら、東京都墨田区の株式会社N-TECHにお任せください。

雨漏りや外壁塗装などの診断や施工の相談にも丁寧にご対応しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。