こんにちは、株式会社N-TECHです。
弊社は東京都墨田区を拠点を構えて、東京都をはじめとした多くの地域で、外壁塗装工事や雨漏りの工事を承っております。

「外壁塗装の寿命はだいたいどのくらいなのかな?」
塗り替えを検討するときに、気になるのはその点ですよね。

じつは塗料によって耐久年数が違うのをご存知ですか。
今回は外壁塗装の種類や耐久年数についてを主にお話したあとに、塗り替えのサインについてご紹介しましょう。

外壁塗装別の耐久年数


シリコン塗料
耐久年数は、約10~15年です。
バリエーションの多い塗料であり、耐久年数も平均的なため選ばれることの多い塗料です。

ウレタン塗料
耐久年数は、約8~10年です。
シリコン塗料が主流になるまで多く使われていた塗料です。

フッ素塗料
耐久年数は15~20年と長く、シリコン塗料より耐久性に優れているのが特色です。

ただ高価であるというネックがあるため、全体的に使用するよりは、部分的に使用するという場合が多いようです。

このように塗料の種類によって耐久年数は変わってきます。
どの塗料を選ぶのかは専門業者と相談するとよいでしょう。

塗り替えのサイン


塗り替えのサインとしてわかりやすいのは、外壁のクラック(ひび)です。
0・3mm以下の軽度のクラックを見つけたら、塗り替えを検討するとよいでしょう。

なぜかというと重度のクラックになるまで放置していると、別に補修の工事をしてから外壁塗装を行わなければならなくなる可能性があります。

またその頃にはすでに雨漏りの原因となってしまっていることもあり、そうなれば同時に雨漏りの工事も行わなければならなくなり、想定外の費用がかかることも。

ですから軽度のクラックを見つけた時点で専門業者に相談するなどして、外壁塗装を行うとよいでしょう。

このほかのサインとして、外壁を触るとチョークのような白い粉がつくチョーキング現象があります。

このチョーキング現象は、防水効果の低下をあらわしているため、塗り替えを検討するとよいでしょう。

ここまで「気になる外壁塗装の寿命と塗り替えのサイン」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

本コラムを読んでご参考にしていただければ、幸いです。

外壁塗装や雨漏りの工事は株式会社N-TECHまで!


雨漏り工事や外壁塗装工事のお困りごとは、株式会社N-TECHへとご連絡くださいませ。

雨漏りや外壁塗装などの施工はもちろんのこと、診断などのご相談も承ります。
まずはお気軽にコチラまでお問い合わせください。
                                                        

株式会社N-TECHでは協力会社様を募集中!


株式会社N-TECHは、人材を活かす会社です。

弊社では、そんなわたくしどもにご協力いただける協力会社様を募集しております。

また弊社現場スタッフも募集中です。
経験者優遇しますし、未経験者でも、やる気のある方は積極採用しております。

ご興味のある方は、求人ページをご覧いただけると幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。